気の利いた一品でおいしく時短とストレス解消してます

食べんさい

料理が好きですが、思う存分の時間がありません「作りたいけど作れない!けど作りたい!」そんな時は気の利いた一品を作ります。簡単においしくて目新しい献立ができて、楽しくて健康になって食品廃棄も減ってオススメです。たまに気の利いた一品を作ると、外食したような気になれます

気の利いた一品とは?

「気が利く」とは、しゃれてる、粋であるという意味だそうです

「気の利いた一品」に定義は無いと思うのですが、

というのが、私の気が利いた一品です

日常のご飯のおかずじゃなくて、ぱくぱく食べるものでない。粋でシャレてるんだから、居酒屋でも料亭でもなくて、割烹で出てきそう〜というイメージです

高級食材で作るの?

気の利いた一品には、高級食材を使いません

例えば牛肉やあわびは「ごちそう」であって、「気の利いた一品」ではないのです

また、特別に買う素材でもありません

ちょっと知恵を使って、とっても簡単に作ったものが気の利いた一品です

野菜の皮を使い切るレシピ

私の気の利いた一品は、残り物で作るルールもあります

など、硬くて食べづらかったり、他の料理で余った部分だったり…普通なら捨てちゃう野菜の皮を活かします

味付けは?

味付けには、ゴマや山椒、和食でも粒胡椒などを使います

普段のお料理は薄味ですが、気の利いた一品には

もしくは

ことを意識します

ブロッコリの皮のきんぴら

先日作って好評!小学二年生の長男もよろこんで食べてくれました

ブロッコリの芯の皮、下の方はゴリゴリすじすじなので捨てていましたが「もったいない」と未練タラタラでしたが、このレシピで解消です

材料

作り方

  1. 捨てるはずだった皮・葉を、細かく刻みます
  2. ごま油で炒めます
  3. しょうゆを回し入れます
  4. ゴマを入れたらすぐ火を止めます

ヒントしょうゆを焦がすと風味が良いので、鍋肌に回し入れて焦がし、それからブロッコリと混ぜます

しょうゆの量は、多くしたり少なくしたり。その時々で変えると、味付けの印象が変わっていいものです。少ないしょうゆだとブロッコリのグリーンが映えてキレイです

にすると「ブロッコリの皮のゴマふりかけ」になります

ちなみにブロッコリの茎、中心部分はスティックに茹でて食べています。子供は房より茎の方が好きです

大根の皮のさっぱり漬け

スーパーではお漬物を買いませんが、自分で漬けた大根の皮は大好きです

大根を煮る時には、必ず一緒に作ります

  1. 大根の皮を厚め(1cmほど)に剥きます
  2. 1cm幅に切ります
  3. ジッパー式ポリ袋に入れます
  4. お酢、しょうゆを入れます

1週間後からがおいしいです

時間がおいしくしてくれるので放っておくだけです。簡単なレシピです

「冷蔵庫に一品ある」という安心感が、一週間続くメリットもあります

アレンジレシピとして

で漬けるのもサッパリ旨味があっていいですよ。お酢は酸っぱさを感じない程度に控えると上品です

気の利いた一品のメリット

なぜ気の利いた一品を作るかと言うと、やっぱり良い点があるからです

特別感

たまに作る料理なので、日常おかずと違う特別感があります

献立のランクアップ

たまに作るレシピは新鮮味があります。それが気の利いた一品だと、献立全体がランクアップします

普段は、カレー+ポテトサラダ

今日は、カレー+人参のラペ

ちょっと違いますよね?

サラダをライタみたいにヨーグルトドレッシングにすると、さらに気が利いてきます。エスニックな外食気分になります

家族へのアピール

気の利いた一品を作った日は、食事中の話題にして、家族に十分アピールしましょう「こんなのも作れるんだよ〜料理の幅が広いんだよ。いろんな味を楽しんでね」くらいのことは言いましょう。せっかく作った料理ですから、どんどんアピールしていいんです!

子供は素直なので「お母さん料理上手〜」なんて、だまされて(?)くれますよ

食べすぎない

気の利いた一品は、たくさん量を食べるタイプの料理ではありません。だから食べすぎを防ぎます

「またこの料理か〜飽きたな〜べつに食べなくてもいいな」って時ほど「どうでもいいや」と食べすぎませんか?我が家はそんな傾向にあります。同じような方にはオススメです

また、余り素材で簡単に作れることも、食べ過ぎを予防してくれます

だって手の混んだ料理を作ると「次にいつ作るか分からない(もう二度と作らないかも)いま食べておこう」と欲張ってたくさんたべちゃうでしょ?

ストレス解消

気の利いた一品は、短時間で目新しいものを作ります

ちょっとおいしいものが短時間で作れると、自分の料理の実力がアップしたような達成感があります

料理したいけど、思う存分時間がない!というストレスを解消してくれます

健康に良い

時間がかかる料理はめんどうに感じますよね。忙しいと、惣菜・レトルト・冷凍・缶詰に頼りがちです

でもササッと作れる気の利いた一品なら、冷凍商品をチンする間にできてしまいます

どこの何か分からない添加物が入っていませんし、どんな食品を使っているのか分かって安心です

たとえばお漬物、買ったものは化学調味料や○○エキスが入っているかもしれませんが、自分で作れば、大根、お酢、しょうゆの3品だけで作れます

どちらが大切なことでしょうか?

というわけで、気の利いた一品は良い点がいっぱいです。簡単においしいものを作って、楽しい気持ちで、家族が健康になれるのでオススメします

時間と家事のバランスは生活の質に大きく作用します

もしお悩みがありましたらご活用下さい 愛知県瀬戸市 整理収納アドバイザー杉原裕子

お料理についての考えを整理して、キッチンの片付けをすると、時短効果や健康的な食生活に貢献できます

この記事の評価

★★★☆☆

  
▲ページトップへ