【実例】捨てずにストックコーナーで片付け

捨てなくていい

ストックコーナーを活かせば、捨てずに整理収納お片付けができます。ストックコーナーの作り方、使い方をポケットティッシュとタオルの実例でお伝えします。使い切る生活で「もったいない」がありません。お金の節約にもなります

ストック品の見直しでお金も節約できる

片付けたい、モノを減らしたい!でも捨てられない…ってことはありませんか?

まずはストック品から見直す方法があります

ストックの数や種類を把握するだけで

と3つのコストを節約できます

なぜストック品から?

モノを持ちすぎている、片付けたいと思っている人は、ストックの数も多すぎるようです

まずはストック品から数を減らしてみましょう

持ちすぎているストックが減っていくと、モノの少ない生活と、心地よさを実感できます

すっきり

実感できたら、いよいよ本番。リビングやキッチンの片付け整理に、スムーズに取りかかれます

ストック品の整理は、収納イメージや片付けルール作りの練習にもなります

ストックコーナーのメリット

管理しやすい

が、ひと目で簡単に分かります

管理の手間を減らせます

「どこに?」の迷いが無くなる

お家のモノの管理は

あるかを知ることですが、ストックコーナーを一か所に決めると

「どこに」の管理を減らせます

ストック品はいつも決まった場所にあるので、探す手間と時間を減らせます

買い過ぎを防ぐ

ストックコーナーを決めると

がはっきりします

これ以上モノが入らないと一目で分かるので、買い過ぎを防ぎます

ストック品は、ストックコーナー以外の場所には置かないルールです

つまりストックコーナーは

と同時に

を作ってくれます。こうして買いすぎを防ぎます

お買い得品を「ストックに」と、購入限定数量MAXまで買いがちな人にオススメです

楽しく節約できる

家中のストック品を集めてみると「こんなに持ってた?!」と驚く方がほとんどです

お買い物のしすぎは反省ですが…ちょっとうれしくもあります

買い物する家族

まるで自分好みのアイテムが並んだセレクトショップみたいなんです

と思うとウキウキします

しばらくは買い物せずに暮らせて、節約になります

ストックコーナーの作り方

ストックコーナーは、お家の一か所に決めます

全てのストック品を集めて収納します

ストックコーナーの使い方

ストックコーナーの使い方は

のがルールです

ストック品の数をコントロールしましょう

ストックコーナーに持っている洗剤は、たとえ特価でも買い足さないで下さい

まずはストック品をちょうどよい数まで使い切りましょう

お買い物へ行く前に、ストックコーナーを覗いて下さい

ようにします

【代用の例】ティッシュの数を減らす

広告付きのポケットティッシュ、たくさんお持ちじゃありませんか?

バッグ

外出先で使う機会は意外と少ないし、広告デザインが恥ずかしくて人に見せられないかもしれません

もしそうなら、ポケットティッシュをボックスティッシュの代わりに使いましょう

ボックスティッシュは買い足さなくてOKです

固定観念「ポケットティッシュは外出用、お家ではボックスティッシュを使う」とこだわらなくてOKです。お家でもポケットティッシュを使えます

使いにくいと思いますか?

だったら今一度、ボックスティッシュの良さを確認しましょう

ポケットティッシュも同じ状態にすれば、メリットは同じですよね

  1. いくつかのポケットティッシュを袋から出す
  2. カゴなどに入れる

カゴでなく、お皿でも、空箱でもいいのです。すぐに使える状態にしておくことが目的です

一枚ずつ取り出しやすければ、ボックスティッシュの感覚で使えます

使いやすければ、お家でもポケットティッシュを使えます

タオルとストックコーナー

タオルやハンカチは、ストックコーナーの効果が良く分かります

整理整頓が苦手な人は、いろんな場所にタオルやハンカチを収納しています

一か所に集めて、片付いたお家を目指しましょう

タオルは集まりやすい

タオルやハンカチは、人からもらうことが多いアイテムです

プレゼント

ギフトやプレゼント、ちょっとしたお礼、ノベルティ、銀行からお誕生日プレゼント、ジュースのオマケなど

家族それぞれが、もらってそのまま溜め込んで(隠して?)いることがあります

お家全体を棚卸しして、ストックコーナーを作りましょう

家族に声を掛けて、それぞれが持っているタオルを集めたり、タンスや引き出し全てを宝探し^^しましょう

タオルの種類とサイズ

タオル類はサイズや用途がいろいろあります

新学期にミニタオル、新年はバスタオルが欲しくなったりしますよね

一か所にストックすれば

になります

大袋で買って余ったり、プレゼントされたタオルはストックコーナーへ

時間もお金も節約しましょう

タオルは変色します

お母さんおばあちゃん世代に多い例「良いタオルを使うのはもったいない」「タオルは悪くならない」と使わず、しまっておくことがあります

はてな

お布団が貯金や財産だった時代の名残でしょうか?

フカフカで厚くて柄がかわいいと「良いタオル」として保管され続けることがあります。良いタオルを使わないために、普段使いタオルを新しく買ったり…

タオルや布製品は、年月を経て変色します

お店には、機能の高い商品がどんどん発売されます

持っているものを使わないと、モノを活かしきれません。「もったいない」と使わないことが、結局もったいないことになります

【実例】タオル収穫祭

あるお宅では、気軽に始めたお家のタオル棚卸しが、盛大なタオル収穫祭になりました

新品タオル

いくつものタンスや引き出し、仏間の押し入れから、出るわ出るわの大収穫!

昭和にもらった白タオルは、バッチリ黄ばんでいました

新品なのにキレイな気がせず、洗顔にためらわれます

使いかけのタオル

使いかけのタオルも多すぎました

脱衣所には

お風呂上がりにバスタオルを使うのは奥様お一人、スポーツタオルを使うのはだんな様お一人です

きれいにたたんでありますが、引き出しにギュウギュウ詰め込まれています

使うために一枚引き出すと、他のタオルも一緒に出てきます

二人暮らしのお家です

お洗濯は毎日されます

フェイスタオルは5枚もあれば十分でしょう

バスタオルは「娘家族が泊まりに来た時に」と10枚ならんでいましたが、お迎えするのは2年に一回ほど(1年に一回でも、10枚ならべる必要はありません)

いま使うタオル

脱衣所へは、毎日使うタオルだけを収納するとよいですね

そこでストックコーナーへ

を移動させました。使いかけのタオルでも、いったんストックコーナーへ収納します

脱衣所は広く、使いやすくなりました

ストックコーナーの使い方

買い足しはしません

ふきんはタオルで代用します

こうして自然にタオルの在庫が減っていく仕組みを作りました

探す

探すこともなくなりました

タオルやハンカチが欲しい時は一か所、ストックコーナーを探せば良いのです

これまで、いくつものタンスを探して時間がかかりましたが、手間時間を減らせました

持っているはずなのに見つけ出せず、買うこともありました

これからは、二度買いのお金を節約できます

夢の生活がゴール

心地よい暮らし

心地よい暮らし

そのための、お家の整理収納お片付けです

整理の基本は、多すぎるモノの数を減らすこと

たとえポケットティッシュ一つでも、一つ減らせば一歩ずつ、お家が片付いていきます

モノの数が多すぎるのなら、捨てるのが近道です。決断できれば、早い時間でお家が片付きます

もったいなくて捨てられない人は、いったんストックコーナーへ移動させましょう

自分で使い切る方法で、数を減らし、お家が片付いていきます

何をどれだけの数、ストックすればいいのか?とまどったらお問合せ下さい

整理収納アドバイザー杉原裕子 公式サイト

お問合せだけなら無料です。人に話すだけで、手順がスッキリ整理されることもあります

この記事の評価

★★★☆☆

  
▲ページトップへ