家計メタボと片付けに共通の改善法【まちがったストックとお金の節約】

メタボお腹

家計コンサルタントによると、メタボ家計でお金の管理がゆるい人は、体型もゆるいとか…チェックリストや改善方法は、まるで片付けや整理収納のようでした。間違ったストックはモノを失くす原因です。モノの整理や管理で、お金も節約しましょう

メタボ家計とは?

メタボ家計とは、漫然となんとなく、支出が多い家計だそうです

「食費」「娯楽費」など特別な項目でなく、全項目で支出が多いとか

体型もゆるい人が多い、なんて書かれていました

メタボ家計と整理収納のチェックリスト

メタボ家計に陥りやすいチェックリストを読んでビックリ!

財布

これってお金のチェック項目?

…整理収納のチェックリストかと思いました

片付け下手は体もお金もメタボ?

家計に関するチェックリストは全部で10個

そのうち4個が、整理収納や片付けに関することだったんです

どの項目も、片付けチェックリストにあっておかしくありません

まるで、片付かないお家はメタボな家計と体型になりますよ、って言われているような…

家にモノが多い

メタボ家計の家にモノが多いのは納得です

モノが多いのは、お金をたくさん使って買った証ですもんね

整理整頓が得意でない、お買い得品のまとめ買い

整理収納が得意でない方は、次の傾向があります

お買い得品のまとめ買いも、使い切れない量のストックにつながります

二度買いは、本来なら使わなくていいお金を使います

祈り

ストックが使い切れなくて捨てたら、お金を捨てたようなものです

モノとお金、どちらももったいないですよね

お金と片付けの負のスパイラル

二度買いとストック、この2つは連鎖するようで

  1. 買ったのに見つからない
  2. もう一度買う
  3. こないだ失くしたからストックも買っておこう
  4. モノが増える
  5. 管理できない
  6. モノが見つからない
  7. 買っておこう…

と負のスパイラルの危険があります

間違ったストックとモノを失くす原因

なぜ負のスパイラルに陥るのでしょうか?

きっとモノを失くしてつらかったのでしょう。もう「モノが無い!」と思いたくないので、たくさんストックしてしまいます

悲しい犬

モノを失くしてつらいのは、お金を失ったからですよね

それなのに不要なストックで、さらにお金を使う…

これでは、ますますつらい気持ちになりますね

モノを失くさないようにストックするのはまちがいです

ストックして数を多く持てば「モノが無い」状態を避けられるような気がするのかもしれません

しかし逆に

モノをなくした原因は、管理できなかったからです

何が、いくつ、どこにあるかを把握しましょう

無料に弱い

「無料」という言葉に弱いのも、メタボ家計の特徴だそうです

お得感

一時的な「私は得した!」という快感に注意ということでしょうか?

たしかに一時的・瞬間的な快感に負けると、長期的な計画に従った行動ができませんね

家計や貯金は長期的な計画と、続ける根気が必要です。一見トクに見える「無料」に負ける人は、計画と行動にズレが生じやすいのでしょう

整理収納アドバイザーのシーンでも、お家全体とモノについて見渡す視点を大切にします

が揃って始めて、より良い毎日を暮らせます

無料のオマケは、もらわなくても損しません

ちなみに「無料」に弱い人は「おまけ」も喜びます。後で「おまけでもらったモノがたまって捨てられない」と片付けに苦しむ姿も見られます

断る

「無料」でも「おまけ」でも使わないものは、もらわない

こうすれば「もったいない」と捨てる苦みが無く、スッキリ晴れやかな気持ちで暮らせます

損したみたい?

大丈夫、もともと「無料」「おまけ」ですから、お財布は損していません

お家が散らかったり、他の大切なモノを失くす原因になったり「もったいない」と心苦しく捨てる方が、よっぽど損じゃありませんか?

無料のオマケは、他の人がもらって使って活かしてくれますよ

 片付けすると節約できる

メタボ家計やお金の節約と、お家の整理収納には共通点がありました

まずはお家の片付けをしてみてはいかがですか?

この記事の評価

★★★☆☆

  
▲ページトップへ